So-net無料ブログ作成

日本農業年報65 寄稿

こんな感じ 昨日連絡をもらい 依頼を忘れてました 今朝慌てて書いて提出

以下 原稿です

KIMG0911 (600x450).jpg

KIMG0912 (600x450).jpg
KIMG0914 (600x450).jpg
KIMG0915 (600x450).jpg
KIMG0916 (600x450).jpg
ダウンロード.jpg
憂う我が国
私は昭和31年に生まれました、戦後10年後、もう戦争の傷跡はほぼなくなり、大阪の地下街で傷痍軍人がアコーディオンを弾いていたのが別世界のようでした。戦後70年を経過し、文明や科学が発達、経済も発達してきました。それとは逆に、子どもたちの疾病や、奇形の子どもたち、障害を持って生まれる子どもたちが増え、生活習慣病や、現代病と言われる疾病が急増し、老人介護施設が至るところに出来ました。我が国国民医療費は国家歳入と同程度使われ、癌発症は50%を超えています。
 病気は原因の結果であり、原因は自然でないものとされています。化学肥料、農薬、遺伝子組み換え作物、食品添加物など今や私達の生活の中に取り込まれています。
 安全を保証するには、科学的試験で証明されますが、いずれも、ラットマウスによる短期急性毒性で証明されてきました。枯葉剤エージェント・オレンジ、グリホサートもしかり。遺伝子組み換え作物での試験でも安全が証明されていますが、ラット出産死亡率55%というデーターも存在しています。長期慢性毒性では、自然でないものは不幸を生み出しています、それが複合となれば予測不可能な状態です。女性にとって出産は最大の排毒ですから、現状はまさにそのとおりだと言えるでしょう。
1970年合衆国大統領が、癌の撲滅宣言を出し、一兆ドルの予算を費やしましたが、逆に癌は増加し続けました。現在は予防などの処置により発症は低下のデーターが出ていますが、我が国では更に増加のデーターが出ています。同時期、マクガバン上院議員率いる、病気の原因究明調査が実施され、その結果、すべての病気の原因結果が解明されました、化学肥料、農薬、食品添加物、動物蛋白等が挙げられています。
 最後のくくりは、世界で最も正しい食は、我が国の元禄以前の食であったとされています。元禄では何が起きていたのでしょうか? 江戸を始まりとして白米の普及が始まっています。参勤交代で江戸で白米を食べた武士たちが原因不明の病気で大勢亡くなっています。無事に故郷へ戻れたものは、もとの健康な状態に戻っています。玄米食から、白米食への変更による脚気ですね。現代では発症はなくなりましたが、他の病気が当時よりも増え続けています。いずれも原因による結果ですが、医療の進歩は症状をなくす医療なので、症状がなくなっても、原因はそのままだと、再発や別の疾病発症になりますが、それも対処できるので、大丈夫ということでしょう。
 過去ベルツの実験や、宣教師たちが我が民族を見て驚いた事実、野生動物や古代人には病気がなかったこと、ヒポクラテスが提唱した項目など、多くの事柄が、健康や、農への導きを残しています。
 化学肥料史は1913年ドイツが発明とありますが、08年に我が国では石灰窒素製造が始まっています、さらに我が国では国内使用がされていません、当時の理化学研究所農産研究室が使用をしない推進をしていました、皇族にちなむ我が国国民の健康を配慮したのでしょう。組成は半分が塩、残りがアンモニウムなので常識的には使用は厳禁ということは理解できるのですが、敗戦国として火薬原料のアンモニウムを余すので連合国が使わせたことは否めません。
 塩田廃止法のように、経済発展の既得権から、不健康や疾病増加が予測されながらも推進され、子どもたちがおかしくなる事実は、長期慢性毒性であれば、無関係といい切れる科学のあり方にも問題ですが、この先何処まで変化し続けるのか、先が見えない状態でしょう。
 自然栽培農法家として、圃場と自然の土壌構造の違い、微生物の活性やフローラが理解できれば、現存するすべての問題は解決され、ベーシックインカムと、無病息災が即時に確立可能であると考えています。
おかげさまで今季春、無肥料、無農薬、不耕起、無除草の自然栽培体系が完成し、世間に対してリリース出来ました、無経験、無資本、即日実践可能、即収益を得られる体系です。この栽培体系はA4 四ページにまとめられ、どなたでも目にすることが出来、これに従えば、家庭菜園から、数百ヘクタールの大面積でも即日実践可能です。
悲しいかな、国や試験場ではこれらの技術に対しての取り扱いができないことがとても不自然に感じられます。より多くの方が自然の仕組みに目を向け、理解し、現状が不自然であることに気が付き。子どもたちの明るい未来を用意してあげることが出来ますよう、祈るばかりです。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント