So-net無料ブログ作成

パッケージ 内容更新

過去野菜パッケージ 作ってきましたけど 見栄えが悪いので それほど多くは出来ませんでしたが 内容更新して 新たにスタートを考えています
最近開業された クリニック 潮クリニック といいますが 漢方などの処方を取り入れたりされている 刷新的な ドクターさんです 方向性が合致したので やりますか と 相談中です
 通常 メインの仕事は 詰め合わせなので それはいつでも 送れます 遠方は送料負担など 高額になるので しのびないないのですが 中身は こんな感じのご案内です


やぶ田ファーム 自然栽培野菜 パッケージのご案内
1. 愉快な自然
① 私達の住む地球 誕生から現在までを 365日に例えると・・・ 元旦が地球誕生 次は 微生物が3月 植物が11月 昆虫や魚 恐竜12月14日 被子植物12月20日 人類は 大晦日って なんて大雑把な歴史でしょう でもね 私達の現代って 一秒なんですよ
② 古代人にも野生動物にも 今のような生活習慣病 アレルギー 成人病 はありませんでした
③ 農業は始まってから一分ですが 農業の土の仕組みと 自然の仕組みは 全く違うんですよ 知ってました?
2. 自然栽培って
① 土を耕さず、団粒構造の階層構造を自然のままに温存です。水はけが良くて水保ちが良いんですね
② 何もしなくても毎年りんごの実がなるのは、土の中でりんごの根っこと微生物がうまくやっているからなんですね
③ なんだか、人の腸内フローラみたいでしょ まさにそのとおりです
④ 作り出すのはかんたん、根っこと菌が共存すれば大丈夫、誰でもすぐに実践可能ですよ。詳しくはやぶ田ファームに聞いてみてください

3. 肥料を与えること、耕すことは自然から大きくかけ離れますが
① 更に硫酸塩アンモニウムなどの化学肥料を使用すると収穫量が増えて 儲かったりするわけですが・・
② 厄介なことが起こります、虫や病気の発生、土壌の疲弊
③ 医療と一緒で、対処法が確立されていて、薬剤の散布で大体問題は治まります
④ 見栄えの美しい作物ができてくるのはいいのですが・・過度の使用は、栄養価の低い 硝酸値の高い毒性を持つ作物などが出てきてしまいます


⑤ 文部科学省が発表している食品成分分析調査によると、驚くべき栄養成分の減少が明かにされました(下表)。
品名 栄養素 昭和26年 昭和57年 平成14年 50年間比較
ほうれん草 ビタミンA 8000 1700 700 91%減少
  ビタミンC 150 65 35 77%減少
  鉄分 13 13 2 85%減少
人参 ビタミンA 13500 4100 1400 90%減少
  ビタミンC 10 0 4 60&減少
  鉄分 2 0.8 0.2 90%減少
トマト ビタミンA 400 220 90 88%減少
  鉄分 5 0.3 0.2 96%減少
(単位:mg/100g)
表からわかるように、ビタミンC,ビタミンA、鉄分の昭和26年から平成14年の50年間の変化は、著しいものがあります。
みかんのビタミンCは、昭和26年には2000mg/100gだったものが、平成14年調査では32mg/100gと94%も減少しています。
同じような栄養成分の減少が、りんご、ほうれん草、人参、トマトでも明らかです。
僅か50年で日本の農産物の栄養成分は、ほぼ80~90%減少してしまったのです。
自然栽培であれば中身や栄養分は同じかそれ以上です。 此処は大いに安心してくださいね。 私達大人は自分で選択ができますけど、子どもたちには何を与えるかは、彼らの未来や将来を決める要因として、親の責任ですね。
いい機会です、食材や健康について知るチャンスです。

4. もうお気づきと思いますが・・疾病の種類、増加率は自然からかけ離れることに比例して増加してきています、もちろん、環境や添加物なども影響してますが・・
5. 病気の発生は、全て原因の結果で、自然でないものが蓄積され、排毒ができなかったことに起因してるのがほとんどでしょう
6. 排毒とともに、自然なものを取り入れることはとても大切な、免疫、治癒力増強のアイテムです
7. お手軽に、自然な食材が提供できるよう、パッケージを廉価でご用意いたしました。ほんの一例ですが 下記説明と、画像をご覧ください。そのときに採れるものをおまかせで詰め合わせています。もちろん肥料、薬剤は使いません。包材も極力ゴミが出ないよう使用しません
① 大根、ラディッシュ、カブラ、人参などの根もの、普通栽培では耐腐敗、防虫殺虫の薬剤使用量が高い品種です、質量が多いので吸収量も多くなります

DSCF4441 (200x150).jpg

DSCF4448 (200x150).jpg

② イモ類、やぶ田ファームでは難易度の高いメイクイーン(耐病性が低いので一般的にはオーガニックでは作りません)をあえて作ります、自家農場の種芋を20年間使い続け、畑の場所も同年数連作です、小さめの芋ですが、栄養の宝庫、ぜひ皮も召し上がってください


DSCF4435 (200x150).jpg

③ 葉物類、過剰な施肥で一番影響度が高いです、未消化の窒素は葉に硝酸態窒素として蓄積され、摂取量によっては悪影響が大きい作物類ですが、無肥料だと心配は皆無です



DSCF4422 (200x150).jpg

DSCF4423 (200x150).jpg


DSCF4430 (200x150).jpg




④ その他成りもの、トマト、きゅうり、ナス、ピーマン、かぼちゃなどその他、いずれも無肥料、無堆肥、無農薬なので ご安心ください。


DSCF4427 (200x150).jpg


DSCF4438 (200x150).jpg
DSCF4421 (200x150).jpg


最後に パッケージの一例で 質感 こんな感じで 価格千円で ご提供です

DSCF4432 (200x150).jpg
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント